閉店に伴う今後のアフターケアについてのお知らせ

Classca (クラスカ)
HP:http://www.classca.jp/ メール:info@classca.jp 電話番号:054-639-6258
Facebook:https://www.facebook.com/classca.lc/  Twitter:@classca_lc  Instagram:classca_lc

ブログ

  • TOP
  • >
  • ブログ
  • >
  • MK-1 1275クーパーSのレストア/2話

カーボンパネルの素材感を生かす – 第2話/モーリスミニMK-1 1275Sのレストア

こんにちは。 広報担当:近藤です。

「お仕事拝見」では、ワラシナカーズがお客様の大事なお車をお預かりしてから作業までの様子を、簡単な説明と画像を交えてご紹介します。

 ・今回の事例 【MK-1 1275クーパーS】のレストアを兼ねたカスタマイズ

【前回の作業はこちら】

それでは、トランクパネルを取り付けていきます。

SONY DSC

ボディカラーは、「オールドイングリッシュホワイト」ですが、ボンネットフードとトランクパネルはカーボンパネルをそのまま取付します。ただし、ドライカーボンでは無く、FRPにカーボンクロスが貼られている物ですが、表面がクリアコートされてますので艶もあり平織りのカーボンの織目も綺麗にでていい感じです。MK-1ですので横長のライセンスプレートとライセンスランプを取付します。トランクハンドルは付けずに、ワンタッチピンを使用しますのでそれも取付します。

SONY DSC

ライセンスランプのメッキとカーボンの織目がいいですね。

SONY DSC

本来でしたらバックランプをバンパー下に取付しますが、バンパーレスの為、トランクにLUCASのクリアパークランプを使って取付します。なるべくフラットにしたいので、そのまま取付せずに樹脂で型取りしたベースプレートをトランクパネルの曲面に合わせながら成形して取付します。

SONY DSC

トランクパネルの縦も横も全て曲面なのでベースプレーを隙間無く成形します。

SONY DSC

ベースプレートの成形が完了しました。

SONY DSC

ベースプレートをマッドブラックで塗装して取付完了です。横から見るとベースプレートの形が良く分かります。

SONY DSC

テール周りが完成しました。丸いバックランプもバランス良く納まりました。取付するマフラーはまだ未定ですが、このリヤビューにふさわしいマフラーの選択が難しいですね。せっかくですから、他に類を見ない機能性とカッコ良さを兼ね備えたマフラーを取付したいですね。

 乞う、ご期待を!

それでは、また、お会いしましょう。

本シリーズ一覧をみる

MK-1 1275クーパーSのレストア/全7話

レストアしながらオリジナルに拘らずにオーナーの好みで自由にカスタマイズ

レストア2
このエントリーをはてなブックマークに追加
MILE SMILE