特殊な修理の事例3-バンプラ-

不運にも、白昼信号待ちで追突事故に遭遇してしまった、1971年式バンデンプラスプリンセス。
その優雅なフォルムと、ウッドとレザーで統一された品のある内装、ハイドロサス特有の心地良い乗り心地
から、ベビーロールスと呼ばれ、今でもミニと並んで英国を代表する人気の高い英国車です。

そんな価値ある車が、今回の惨事でボディに大きなダメージを負ってしまいました。トランクパネル、バン
パー、オーバーライダー、トランクオープンハンドルなどのパーツが損傷を受け、右リヤクォーターパネ
ルも板金作業だけでは修復困難な状況でした。
国内外、新旧問わず必要な部品の入手にかなりの時間を要し、一時は修理断念を余儀なくされるといった
深刻な状況でした。度重なる保険会社と交渉の中、お客様の「できることならば、これからも乗り続けて
いきたい。」という気持ちを重く受け止め、交換必要部品と再使用可能なボディが用意できれば修理は不
可能でないと判断し作業を開始いたしました。

  • ボンネット1
  • ボンネット3
  • ボンネット4
  • ボンネット3

英国と日本国内にて部品の調達を進めた結果、全ての中古部品が見つかり、幸いボディも1台入手できました。
全てのメッキパーツは、再メッキを施し、ボディは、右リヤクォーター部を切断し使用する事とし、

  • ボンネット4
  • ボンネット9

修理車は、それに合わせボディパネルを切断、分解してパネルが取り付け可能な状態にします。

  • ボンネット9
  • ボンネット9

フレーム修正機にセットして各部をチェックしながら修正を進めます。
特に、旧車の場合ボディの状態によっては応力を掛けることにより他の箇所にダメージが及ぶ場合もあるので
熟練したスタッフによる慎重な作業が要求されます。

  • ボンネット9
  • ボンネット9

採寸をしながらボディと接合していき、細部のパネル接合か所は新たに製作して取り付けます。

  • ボンネット9
  • ボンネット9
  • ボンネット9

切断、溶接、加工を行い、大がかりな板金作業は、無事終了しました。

  • ボンネット9
  • ボンネット9
  • ボンネット9

塗装作業に入る前に、ボディの旧塗膜を全て剥離し、防さび処理をしたのちサフェーサーで下地塗装をします。
トランクパネルも同様にさび、凹みなどを修正し防さび処理を施しサフェーサーで下地塗装を行います。

  • ボンネット9
  • ボンネット9
  • ボンネット9
  • ボンネット9

塗装ブースにて塗装します。

  • ボンネット9
  • ボンネット9
  • ボンネット9

トランクパネルを取り付けし、再メッキが終えたメッキパーツを取付、ボディに磨きをかけて作業完了です。

  • ボンネット1